久しぶりに転んでしまったこと

小学生の頃に遊んでいて転んでしまうことなんて何度もある事です。ですが先日、豪快に転んでしまったのです。大人になってから転ぶなんて滅多にないことでかなり恥ずかしいことですが、私の場合は誰も見ていない自宅で転んだのです。

 

しかも、毎日歩いている玄関から室内へ入る一段の段差を超えられずに足がかかって転んだのです。その段差の高さは15センチ程度。自分で見ていて情けなくなるのです。

 

足の指を何本か強打しましたが、骨折などはしていないので一安心。高齢になると何でもないような段差で転ぶようになるといますが、もしかして既に老化が始まってるのでは?と考えてしまったのです。

 

人目につく会社や横断歩道などで転ぶと強烈に恥ずかしい事になります。転ばないように注意しながら歩くにはどうしたら良いのか考えているのです。

 

友人達に相談をしても、笑うだけなで良さそうな回答は得られないのです。体の平衡感覚を支配している三半規管が老化しているということなのか?気になっています